汗腺機能が低下すると熱中症にかかりやすくなる

夏の間、冷房の効き過ぎた部屋の中にいたり、
猛暑の中を歩いた後、直に冷房の効いた建物の中に
入ったりして、自然の変化ではない、
人工的な温度の変化に晒されていると、
皮膚上にある温度感知センサーの働きが狂ってしまいます。

 

となると、自律神経のコントロールも乱れてきてしまい、
それによって汗腺機能も正常に働かなくなってきてしまいます。

 

汗腺というのは、体内の水分の調整機能でもあるので、
その機能がうまく働いてくれないと、必要以上に水分を体外に放出したり、
逆に、水分を放出できずに余計な熱を体内に溜め込んでしまう事にもなります。

 

こうした汗腺機能の低下で起こりやすくなる症状として、熱中症があります。

 

熱中症とは、高い気温の中で長時間運動などをする事で、
体内に熱がたまり、体温が異常に上昇する症状の事ですが、
これは汗腺機能が低下して、体温調整がうまくいっていない事が原因です。

 

厳密にいうと、熱中症とは、暑いさなかに起きる症状をまとめた呼び名で、
具体的には、「熱けいれん」「熱疲労」「熱失神」「熱射病」などに
分ける事ができます。

 

それぞれを簡単に説明すると

熱けいれん

通常の汗腺ならば、汗を出す前に、血漿中の塩分など必要なミネラルを
血液に戻す働きをするのですが、その機能が十分に働かないと、
ミネラル分までそのまま放出してしまい、塩分の多い、粘々した濃い汗を
かくようになります。

となると、血液中のナトリウムやカリウムが足りなくなってしまい、
筋肉が正常に働かず、けいれんを起こしてしまいます。

熱疲労

冷房の効いた部屋から急に熱い場所に出た場合などは、
大量の汗をかいてしまい、体から急激に水分が失われます。

それによって脱水症状を起こしてしまい、
脱力感、疲労感、吐き気、めまいなどの症状が起きる状態です。

熱失神

暑くても効率的に汗をかけないと、熱が体内にたまり、
体温が上昇してしまいます。

それによって皮膚の血管が必要以上に広がって、血圧が下がり、
脳内の血液が不足する事で起こる症状です。

熱射病

高温の環境の下で、長時間激しい運動をしたり、労働をした時に、
体温の著しい上昇によって、意識障害を起こす事を言います。

a0002_011298

このような熱中症の症状はいずれも
自律神経の乱れによる汗腺機能の低下が原因の一つとなっています。

 

自律神経とは、その名前の通り、体の働きを”自ら律する“、
つまり、自分自身でコントロールする神経です。

 

自律神経は、内臓や血管、ホルモンの分泌など、
体内のあらゆる器官に関わっています。

 

ですので、自律神経が乱れてしまうと、頭痛や肩こり、胃痛、吐き気、下痢など、
あらゆる不快な症状が起きてしまいます。

 

汗腺機能の低下もその一つです。

 

自律神経を乱すような冷暖房の使い過ぎ習慣は、控えるようにしたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す