汗の成分のほとんどは水ですが、、、

汗の成分はその99%以上が水です。

 

しかし、残りの1%以下については
結構いろんな成分が含まれています。

 

汗を舐めてみたことは誰でもあると思いますが、
その味はしょっぱいですよね。

 

その味のとおり、残りの成分には塩分が含まれています。
もう少し厳密に言うと、ナトリウム塩素に分かれています。

 

中学校の時の化学の授業で習ったと思いますが、
塩とはNaClのことで、その化学式のとおり、
ナトリウムと塩素からできています。

ID-10084391

また、汗にはそれ以外にも、
カリウムカルシウムマグネシウム亜鉛など、
体に必要とされる栄養素が含まれています。

 

さらには、尿素アンモニアなども含まれていますが、
だからといって、尿のような老廃物、不要なものというわけではありません。

 

汗は尿を薄めたようなもの、という俗説もあるようですが、
これは間違いです。 

ID-10052560

どちらも原料は血漿であることに変わりはないですが、
汗というのは、あくまでも発汗の為、体温調節の為に、
血液の中から赤血球や白血球、血小板などを取り除いた液体(血漿)を
体外へ排出させて気化熱を放出させる行為の事ですが、
尿というのは、体に有害な成分、馴染まない成分を排泄物として
血漿と一緒に体外へ出す行為の事です。

 

ですので、健康な人の汗には不要な排泄物は含まれていません。

 

逆に言うと、健康でない人、疲れが溜まったりストレスが溜まったり、
自律神経のバランスが乱れている人の場合、
血液中に毒素成分が多く含まれていると、
それが汗として出てくる場合もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す