ワキガは遺伝する確率が高い

ワキガはその人の体質ですので、
遺伝するのか気になる人もいるかもしれません。

 

両親がワキガだったら自分もワキガになるのか、
または、自分がワキガだった場合、
子供にもその体質が遺伝するのか、心配する人も多いでしょう。

 

実はワキガは優性遺伝ですので、ご両親が二人ともワキガ体質の場合は80%
ご両親のうちどちらかがワキガなら、50%の確率で子供に遺伝します。

 

もちろんこうした数字は理論上のものですので、
ご両親ともワキガ体質でも子供に遺伝しない場合もありますし、
逆に、ご両親とも違うのに、子供に表われるという事もあります。

 

また、ワキガの原因になるアポクリン汗腺は、性ホルモンの影響を強く受けるので、
幼少期ではまだ活動を開始していません。

 

ですので、ワキガ体質が遺伝していたとしても、
実際に子供がワキガなのかは、小学生から中学生くらいにならないと判断できません。

 

それでも、もし小さなお子さんがいて、
自分のワキガ体質が遺伝しているのか心配でしたら、
耳アカを調べてみるのが一番分かりやすいです。
ID-10079320

耳アカがいつもじっとり湿っているようでしたら
ワキガ体質である可能性が高いです。

 

なせならば、ワキガの原因となるアポクリン汗腺は、
ワキだけでなく、耳の中にも存在しています。

 

耳の中のアポクリン汗腺は、小学生以下の低年齢時から既に活動していますので、
もし耳の中のアポクリン汗腺からの分泌物が湿っている場合は、
ワキガ体質である可能性が高いといえます。

 

しかし、ワキガや多汗症の症状は、遺伝の要素だけではく、
その人の食生活や生活習慣、ストレスをどの程度受けているのか、
という生活環境にも大きく関係しています。

 

たとえワキガ体質であっても、バランスのとれた食事を心がけ、
規則正しい生活習慣をして、ストレスを上手に受け流す対処法を知っていれば、
臭いはそれほど強くならなくなります。

 

逆に、気にするほどのワキガ体質でなかったとしても、
臭いの強い食品ばかりを食べて、生活のリズムもバラバラで、
ストレスを溜め込んでしまうような人は、臭いが強くなってしまうこともあります。

 

ワキガの悩みは、たとえ身内でもなかなか相談しにくいものです。
もし自分の子供がワキガ体質の可能性がある場合には、
注意して見守ってあげてほしいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す