汗と脳と酵素の関係

人間が生きる為にはエネルギーが必要です。
そして、そのエネルギーは食物から補給しています。

 

また、食物を栄養素に分解したり、
あるいは栄養素を新たに合成したりする役割を担っているのは酵素です。

 

つまり、酵素の働きによってエネルギーが作られているのですが、
そうしたやり取りのことを代謝といいます。

 

食事をしていると、体温が高くなると感じることがありますが、
これは上記のような代謝の働きが関係していて、
食事をすると、栄養素を作り出す為に酵素が働き、
酵素が働くと代謝が進み、代謝が進むと体温が上昇する、
という流れになっています。

 

基本的に、酵素は温度が高いほど働き易くなりますので、
酵素だけを考えた場合、体温はなるべく高い方が良いです。

 

しかし、人間の体は体温が高くなり過ぎると生きていけません。
酵素以外の部分に支障をきたすわけですね。

 

ですから、汗を出す事で体内の温度上昇を抑え、
体の各器官の働きも一定に保つようになっています。

ID-100144917

人間は恒温動物です。
体温は高過ぎてもいけませんし、低過ぎてもいけません。

 

体温が42度を超えてくると、体を構成しているタンパク質そのものが
変性して破壊されてしまいます。

 

また、体温が33度くらいまで下がると、意識がなくなっていき、
28度を下回ると臓器の活動は全て停止してしまいます。

 

ですので、人間が生きていける体温の限界は、
34度~41度ほどとなっており、かなり狭い範囲と言えます。

 

しかも、普通の生活をしていれば、ここまで体温が変化する事は
滅多に起こるはずもなく、通常は37℃前後に保たれています。

 

それはなぜかというと、脳の働きが密接に関係しています。

ID-10053095

脳というのは、人間の体の中では最もエネルギーの代謝が
活発な場所なのですが、もちろんそれも酵素の働きによるものです。

 

酵素というのは温度に対して敏感に反応しやすく、
先に述べたとおり、温度が高いと活発に活動しますが、
高過ぎると体に悪影響を及ぼします。

 

酵素が安定して働く為に、且つ、脳細胞が活発に活動する為の
最適な温度というのが37℃前後というわけです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す